貧乳・胸が小さい、とはどういう状態を言うの?

バストアップサプリ情報王国〜口コミ、効果から選ぶ育乳ガイド > 育乳 > 貧乳・胸が小さい、とはどういう状態を言うの?

貧乳・胸が小さい、とはどういう状態を言うの?




胸が小さい女性のことを、属に貧乳と呼びますが、実際は基準などあるのでしょうか。

貧乳というものは、個人的な感覚での判断であって、具体的な大きさなどで貧乳かどうかというのは決められていないようです。

自分が貧乳だと思えば貧乳、そうでないと思えばそうでないということです。
では、貧乳かどうかは別として、バストの大きさはどのようにして決まるのでしょうか。

先ほどでも少しお話しした通り、バストはそのほとんどが乳腺と脂肪でしめられています。

ですので、結果バストの大きさは乳腺と脂肪組織の大きさで決まります。
乳腺はホルモンの作用を大きく受けます。

ですので、乳腺と脂肪組織の大きさは、もっと細かく見れば女性ホルモンの分泌具合にも大きく関わってくるということになりますよね。

乳腺を刺激して乳汁を出すのが女性ホルモンの役割です。ですので、女性ホルモンが乳腺の発達を司っているわけです。

乳腺の周りには脂肪が付いています。ですので、乳腺が発達するということは、一緒に脂肪も増えていくということです。女性ホルモンがバストアップに大きく関わることはこれで分かったかと思います。

そうなると、ホルモンバランスを整えることもバストアップに重要な要素だということが、自ずとわかってきますね。

では、その他にバストの大きさに関わると考えられる要素はあるでしょうか。よく言われるのは、遺伝的な要素ですね。

親のバストが小さければ、子供も大きくなることはない、ということになります。遺伝子的な問題になるので、これはどうしようもないように思えます。

ところが、バストの大きさは遺伝子的なものではない、無関係だという説もあります。

確かに、親は大きいけれども子供は胸が小さい、というような事例もなくはありません。そう考えると、いろいろな原因があわさってバストの大きさは決まると考えた方が自然なのかもしれません。

遺伝子の問題、といわれてしまえば、太刀打ちできませんが、ホルモンバランスなどの生活習慣も大きく関わるような要因であれば、改善とそれ以上の結果も期待できますよね。

そうなれば、努力のしがいもあるというものです。


 

 

button

 

 

 


関連記事

  1. 生理中はバストアップする!の真相は「むくみ」
  2. 胸の肉割れを防ぐ方法について
  3. 胸の大きさ都道府県別ランキングでわかるバストサイズの要因
  4. 理想のバスト計算方法~あなたの黄金比率はどれくらい?
  5. 胸が大きくなるビタミン虎の巻!レシピの参考にしてね
  6. あきらめないで!40代女性でもバストアップできる
  7. 日本人女性のバストの平均|年代別と変化の特徴
  8. 陥没乳首の治し方|悩みを抱えている方はすぐに実践!
  9. 気になる離れ乳の原因と治し方
  10. トラブルが増える、30代の胸の成長に必要なこと