脂肪注入は豊胸手術の中でもナチュラルな方法

バストアップサプリ情報王国〜口コミ、効果から選ぶ育乳ガイド > 豊胸手術 > 脂肪注入は豊胸手術の中でもナチュラルな方法

脂肪注入は豊胸手術の中でもナチュラルな方法




簡単にバストアップする方法は豊胸手術になる訳ですが、他にも脂肪注入という豊胸手術の方法もあります。

この脂肪注入という豊胸手術は、自分の身体の別の部分から余分な脂肪を取ってきて、胸に注入してバストアップさせるという手術です。

そもそもバストは乳腺と脂肪からできていますので、豊胸手術の中でもごくナチュラルな方法だと言えるでしょう。

特に、自分の別の部分のいらない脂肪を取って、脂肪の欲しいバストに持ってくることができる、というとても嬉しい手術です。一石二鳥でメリハリボディが手にはいってしまいます。

しかし、いくら自分の脂肪だとはいえ、別の部分から取ってきて無理矢理入れた脂肪はバストに安定するのでしょうか。

実はいくら自分の脂肪でも、やはり安定せずに流れてしまうこともあったようです。しかし近年では医学も進歩し、脂肪でもきちんと定着するようになってきたのです。

それは何によるかというと、これまた自身から取ってきた血液の成分によるものです。血液に含まれる血小板を圧縮したものが、バストに注入した脂肪を半永久的に安定させてくれる役割があるそうです。

また、脂肪を注入したい部分も選択することができます。どういうことかというと、自分の好みのバストの形を選択することができるのです。

例えば、全体的に大きくすることはもちろん、谷間を強調させたいのであればバスト中心部分に、バストの上部を中心的に注入すればボリューム感の出るようなバストを再現することが可能です。

またバックプロテーゼと比較してメリットなのは、レントゲンを撮った際に写らないということです。

バックプロテーゼの場合、異物なのでどうしてもレントゲンに影として映り込んでしまい、豊胸手術がばれてしまいますが、脂肪注入の場合は脂肪ですので映り込みません。

そういったメリットはありますが、バックプロテーゼのように2カップ以上のバストアップはできません。ドクターとよく相談の上、自分に合ったバストアップ方法を選ぶといいですね。

 

 

button

 

 

 



関連記事

  1. サーマクールバストとは胸のコラーゲンを増やす方法
  2. 光豊胸手術、切らずに胸を大きくするってどうするの?
  3. ヒアルロン酸注入は豊胸手術で、一番リスクが低く、気軽にできる
  4. バストアップ、バックプロテーゼ豊胸の効果