胸の大きさは遺伝するの?胸が小さい人はどうしようもないの?

バストアップサプリ情報王国〜口コミ、効果から選ぶ育乳ガイド > Q&A > 胸の大きさは遺伝するの?胸が小さい人はどうしようもないの?

胸の大きさは遺伝するの?胸が小さい人はどうしようもないの?




胸のサイズは大きくてもちいさくても気にする方は多いです。

胸の大きさというのは遺伝が関係すると思っている方もいますが実際は遺伝ではなく、乳腺脂肪体の量であり、それはとても個人差があるものです。

そして乳腺の発達も遺伝では決まりません。同じ親から生まれてきても、姉妹で胸のサイズが違うこともあります。

乳房内には血流や乳管、リンパ管が張り巡らされていて、そこに栄養や酸素、ホルモンなどが流れるようになっています。大きく成長させるには成長期に十分な栄養をとることと、成長ホルモンの分泌がとても重要です。ここに深く関わってくるのが、生活習慣となります。

何故、バストに遺伝が関わっている様に感じるのかと言うと、それは親子だと食生活の好みや、生活のリズムが似てくる方が多いからだと思います。またストレスを感じやすい部分が似ていたりする事もありますね。

そうすると胸を育てる栄養や成長ホルモンの分泌量が似て来て、自然と胸の大きさも似てきやすくなります。

母親が小さいからといって、自分も小さいと心配する必要はありません。コツコツとバストアップをしていけば、大きくする可能性もあがります。

特に思春期は女性ホルモンが活発に分泌されるということがあるので、この時期にコレステロールの摂取が足りなかったり、ストレスなどでホルモンの分泌がわるかったりすると、バストの発育が妨げられてしまうこともあります。

バストアップをしたければ、ホルモンバランスを整えてあげ、女性ホルモンの分泌を増やす事が不可欠となってきます。

また、バストアップに効果があるエクササイズやマッサージなどもありますので、そういったことを出来る範囲で行いながら、栄養と睡眠といった生活を送るように心がけることも重要なカギとなります。

再度申し上げますが、胸の大きさに遺伝が大きく関わるという事はありません。
特別なエクササイズをしなくても、正しい姿勢を心がけるとバストアップにもつながりますので、実践してみると良いですね。

そしてストレスはホルモンの分泌を妨げてしまいますので、なるべくストレスをためないようにし、たまっても発散するようにするということも重要です。
 

 

button

 

 

 




関連記事

  1. バストの大きさを残して痩せるには?
  2. 脂肪を胸に移動させることは本当にできるのか?
  3. サプリで胸が大きくなる確率ってどれくらい?
  4. プエラリアを服用すると太るって本当?
  5. バストアップサプリが乳がんになるという噂の真相