知っておくべき豊胸手術のデメリット一覧

知っておくべき豊胸手術のデメリット一覧




では、次に豊胸手術のデメリットについて考えてみましょう。

豊胸手術は、いろいろな種類がありますが、共通して言えるのはどれをとっても高額になることでしょう。

特にバックプロテーゼに関しては特に高額のようです。場所にもよりますが、何十万とか何百万の世界です。

半永久的な持続ではありますし、ドクターによる手術なので、高額になるのも無理はありません。

特に美容系の手術は、保険も利きませんし、高額になる傾向があります。しかし、ドクターには絶対的な信頼がありますよね。バストアップのエステなどもありますが、やはり専門家ではありません。

もし万が一、何か合ったときのことをかんがえると、やはりドクターに身を委ねていた方が安心だと言えるでしょう。高額なのは、その分の安心料だと思った方がいいかもしれませんね。

それから手術によるリスクです。バストの手術ではあるし、命に関わるような手術をするわけではない、とは思うかもしれませんが、なかには身体にメスをいれる豊胸手術もありますし、注射での挿入もドクターの腕が試されます。

バックプロテーゼを入れるのには、身体にメスを入れなくてはいけません。また、プロテーゼを入れる場所もかなり繊細です。

入れる場所によって、バストの大きさや形に影響が出ます。注射もまた同じです。注入する部分でバストの形が変わります。

その分、デザインをすることもできるのですが、デザインをできるのもドクターの腕にかかっています。結果、希望とそぐわない形になってしまう、というようなことがなきにしもあらずです。

手術自体もそうですが、その後の副作用も起こる可能性があります。手術後が痛みがひかなかったり、変なしこりができてしまったり、などということが絶対に起こらないという訳ではありません。

いくら身体に自然なものを入れているとしても、それはそもそも自分のバストには存在しなかったものです。逆に考えたら、何も起こらないのが不思議かもしれません。

身体にメスを入れた後は、ダウンタイムもあるでしょう。しっかり傷口が閉じて、バストが安定するまで時間がかかります。

あまりないとは思いますが、そういったことが起こりうる可能性はありますので、豊胸手術を迷っているときは、こういったことが起こるかもしれないことを頭の片隅に入れておくべきでしょう。


 

 

button

 

 

 

関連記事

  1. 良いバストアップサプリを選ぶ為に知っておくべきデメリット
  2. 他と違うバストアップサプリメント最大のメリットとは?
  3. 豊胸手術の種類別メリット一覧