ヒアルロン酸注入は豊胸手術で、一番リスクが低く、気軽にできる

バストアップサプリ情報王国〜口コミ、効果から選ぶ育乳ガイド > 豊胸手術 > ヒアルロン酸注入は豊胸手術で、一番リスクが低く、気軽にできる

ヒアルロン酸注入は豊胸手術で、一番リスクが低く、気軽にできる




豊胸手術の中で、一番リスクが低く、気軽にできるものといえば、ヒアルロン酸注入でのバストアップでしょう。

ヒアルロン酸注入のバストアップは、イメージとしては、脂肪を注入の豊胸手術の脂肪をヒアルロン酸に変えたようなものです。

ヒアルロン酸は、もともと人体内に存在するものですので、特に拒絶反応も起こったりすることはありません。

バックプロテーゼ法のように切開などをしたり、脂肪注入のように別の部位から脂肪を取ってくるといったようなこともありません。

ですので、手術自体の身体にかかるダメージもとても少なくてすみます。手術は比較的簡単なもので、ヒアルロン酸を注射器を使用してバストに注入するというようなものになります。ですので、麻酔自体もクリーム状の皮膚麻酔のみの場合もあります。

脂肪注入のバストアップと同じように、バストの形もデザインすることができます。ヒアルロン酸を注入する部分によって、バストの形を変えることができます。

全体的にサイズアップすることも可能ですし、内側に入れれば谷間が強調されます。丈夫に入れればボリューム感がでます。左右差が激しい方は、左右のバランスを取ることもできます。

それから嬉しいのは、徐々にバストアップさせていくことができます。確かに、豊胸手術ですと、いきなりバストアップしすぎて他人から見ると手術をしたのが丸わかりになってしまいますよね。

ところが、このヒアルロン酸注入の豊胸手術の場合は、少しずつ段階に分けて注入していくことが可能なので、他人に疑われずにバストアップすることが可能です。

手術の時間も、注射での注入だけなので、約10分で終わってしまうところが多いようです。金額も、バックプロテーゼや脂肪注入に比べると安価な傾向があります。

こうしてみると、ヒアルロン酸注入はベストなバストアップ方法のように思えますが、デメリットもあります。

それは、ヒアルロン酸が体内にもある物質でもあるので、体内に吸収さていくことがあります。そうすると、バストはまた元通りの大きさに戻ってしまいます。

ではヒアルロン酸でのバストアップはどれくらいの期間、効果を持続できるのかというと、約3年だそうです。

バックプロテーゼや脂肪注入は半永久的な効果の持続性があるのにも関わらず、ヒアルロン酸だけは期限が決まっています。そのあたりを把握した上で自分の合う方法を選択しましょう。


 

 

button

 

 

 

関連記事

  1. サーマクールバストとは胸のコラーゲンを増やす方法
  2. 光豊胸手術、切らずに胸を大きくするってどうするの?
  3. 脂肪注入は豊胸手術の中でもナチュラルな方法
  4. バストアップ、バックプロテーゼ豊胸の効果