バストアップサプリが乳がんになるという噂の真相

バストアップサプリ情報王国〜口コミ、効果から選ぶ育乳ガイド > Q&A > バストアップサプリが乳がんになるという噂の真相

バストアップサプリが乳がんになるという噂の真相




女性であれば、特別な理由がない限り、バストは膨よかでありたいと思うはずです。

やはりバストは女性の象徴でもありますので、大きければ大きい方がいいですよね。やはり、バストアップサプリもそのような傾向から、注目をする女性は多いようです。

それも思春期を迎える若い女子から、更年期を過ぎた女性まで、いろいろな年代の女性に注目されます。やはり、その年代によって女性のバストへの悩みは違うようです。

バストアップサプリを摂取することで、まず気になるのはそのコストもそうだと思いますが、人体への影響がどの程度あるのかということでしょう。

バストアップの効果はもちろんですが、逆に副作用的なものがあるのかどうか、という点については誰でも気になるところだと思います。

実際にバストアップサプリは、女性ホルモンに作用するものが多いですよね。特にエストロゲンにはたらきかけるものが多いです。

もともとエストロゲンは体内に分泌されている物質です。身体が『これくらい分泌しよう』と命令を出して分泌をしているところに、外からいきなり刺激を与えてしまったら身体はびっくりしてしまわないのでしょうか。

実は、以前にエストロゲンの過剰摂取で乳がんになるというウワサが広がりました。

その真相はエストロゲンが過剰に分泌されてしまうことにより、エストロゲン受容体が間に合わず、それが乳がんに結びついてしまうという話でした。

このウワサにより、大豆のイソフラボンがブームではありましたが、一時その人気が去ったような時期さえありました。

このウワサについて、興味深い実験結果があります。

国立がん研究センターによる実験で、大豆イソフラボンと乳がんの発生についての実験したものです。

大豆製品や加工品を定期的に摂取している群とそうでない群を比較したとき、乳がんの発生率がどのように貧化するかというものでした。

結果として、大豆製品や加工品を摂取した群がそうでない群に比べて、乳がんの発生率が低くなる、という結果になりました。

ということで、女性ホルモンにはたらきかける成分の乳がん発生率には、なんら関係ないことが分かります。ただし、用法容量はきちんと守ることが原則です。

 

 

button

 

 

 



関連記事

  1. バストの大きさを残して痩せるには?
  2. 脂肪を胸に移動させることは本当にできるのか?
  3. 胸の大きさは遺伝するの?胸が小さい人はどうしようもないの?
  4. サプリで胸が大きくなる確率ってどれくらい?
  5. プエラリアを服用すると太るって本当?