バストアップ、バックプロテーゼ豊胸の効果

バストアップサプリ情報王国〜口コミ、効果から選ぶ育乳ガイド > 豊胸手術 > バストアップ、バックプロテーゼ豊胸の効果

バストアップ、バックプロテーゼ豊胸の効果




バストアップということで、一番簡単ですぐに効果のあるのは豊胸手術だというお話はしました。

そのなかでも、一番一般的なものが、バックプロテーゼでしょう。

バックプロテーゼというと、なんのことか分からない人も多いのではないかと思いますが、シリコンバッグだと言えばピンと来る人も多いでしょう。

バックプロテーゼとは、手術によって胸にシリコンバッグを入れてバストアップを図るというものです。主に2カップ以上のバストアップをしたい方が選ばれる方法だそうです。

以前だと、シリコンバッグが破裂するなどの心配がありましたが、現代の医学も進歩して、そのような心配もいらなくなりました。

シリコンバッグ自体が進化して、今では半永久的にバストを維持できるものまであります。

バストは大きさや形に個人差があります。ですので、一言にバストアップといっても、個人それぞれで理想のバストがありますよね。

美容外科にもよると思いますが、プロテーゼにもたくさんの種類があるそうで、希望通りのバストになるようにプロテーゼも選択してくれるようです。

プロテーゼの形でもそうですが、そのプロテーゼを挿入する場所によってもバストの形や大きさは左右されます。体格もそれぞれちがいますので、理想をしっかりドクターに伝え、相談して術法やプロテーゼを選択していきましょう。

プロテーゼの挿入の位置は大きく分けて3カ所あります。
ひとつは乳腺の下に入れる方法です 。他の方法に比べて、述語の痛みが少ないのが特徴だそうです。ある程度バストが大きい人、垂れたバストを上げる目的の人に多く選ばれます。

それから、大胸筋の下に入れる方法です。バストの基盤となる大胸筋の下に入れるので、自然なバストアップができます。バストが小さい人、大きなボリュームアップをしたい人に多い方法です。

それから、筋膜の下に入れる方法です。これは、上記の乳腺と大胸筋の間にプロテーゼをいれるものです。筋膜を剥がすことになるので、術後の痛みが比較的出やすい方法になります。

このように、バックプロテーゼでもさまざまな方法やプロテーゼがあります。簡単に理想のバストを手に入れるには、お金をかければできるという時代だということですね。

 

 

button

 

 

 



関連記事

  1. サーマクールバストとは胸のコラーゲンを増やす方法
  2. 光豊胸手術、切らずに胸を大きくするってどうするの?
  3. ヒアルロン酸注入は豊胸手術で、一番リスクが低く、気軽にできる
  4. 脂肪注入は豊胸手術の中でもナチュラルな方法