バストの形を保つ、肩紐の調整法について

バストの形を保つ、肩紐の調整法について




今回はバストの形を保つためのブラの肩紐の調整法についてお話します。
ブラジャーの着用の時には基本的にまずカップの内側に周辺の余分なお肉をつめるようにします。カップにお肉を入れてから起き上がって肩紐を丁度良い場所に調整したりします。

この時、肩紐はどのような状況にしていますか?
多くの人がしっかりと上のほうにグーッと上げちゃっているケースが多いのです。

実はこの方法は間違っています。

例えば肩紐を上に上げちゃうと垂れた胸を釣り上げているようなイメージになりますよね。
ですが、この方法だとちょっとした動きや腕を上に上げるといった動作をするだけで、上のほうにずれやすくなってしまうというデメリットもあります。

なので肩紐はどのぐらいの程度で調整すれば良いのか、丁度良いぐらいがわからないという場合ですが、大体、吊り上げるという程度ではなく、ずれないように軽くサポートしている程度で良いということなのでまずは上げない、これがポイントですね。

ブラも全体的に吊り上げるようなことはしないようにします。
理想はアンダー部分のバンドが水平になるか下げるようにするということで調整です。

でもアンダーを広くなるように変更することって間違いだったんですね。
今度からはカップを大きくすることで対処です。

ただあまりゆるすぎる状態になると、今度は肩紐が落ちやすくなってしまうという心配もありますので適度に押さえてくれるという意味で活躍するようにしてみましょう。

上げたくても上げない、紐は適度に押さえるぐらい、この点を覚えつつ肩紐を使うようにしてください。
 

 

button

 

 

 

関連記事

  1. ナイトブラの効果~胸の垂れを防ぎ、綺麗なラインを維持する
  2. お助けアイテム「胸パッド」を上手に使う方法
  3. ブラをつけてみて「きついな」と思ったら
  4. ブラのサイズが合ってないと体型の崩れも誘発!
  5. 体型によってもバストに違いが出てきます
  6. 海外製のブラジャーを買う時は規格の違いに注意!
  7. ブラジャーのMやLサイズ表記の見分け方
  8. アンダーバストの数値についての豆知識
  9. 自分は何カップか?本当に知っていますか?
  10. バストサイズを測る時、どうしていますか?