バストの大きさを残して痩せるには?

バストの大きさを残して痩せるには?




女性なら誰でも経験があるかもしれませんが、ダイエットをすると、痩せたい部分の肉や脂肪はなかなか落ちないのに、痩せたくないバストが、真っ先に痩せてしまうことがあります。

胸は、おもに脂肪と、それから筋肉や乳腺などでできています。脂肪が多いので、ダイエットをするとバストが痩せてしまうのです。バストの大きさを残して痩せるためには、まず、胸の筋肉を鍛えることが重要です。

バストが痩せてしまうのは、ダイエットの食事制限などによってたんぱく質が不足し、胸の筋肉が落ちてしまうということも、原因の一つとして挙げられるためです。

ダイエットの最中には、体重の増加を気にして、動物性のたんぱく質などを避ける傾向にあると言えます。しかし、胸の筋肉を鍛えるためには、たんぱく質が必要不可欠です。

大豆などの食物性のたんぱく質や、脂肪分の少ない赤みのお肉などをよく食べることがよいでしょう。鳥のささみなども、脂肪分が少なくおすすめです。さらに、大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをすることが知られており、バストアップに作用してくれます。また、自宅で簡単にできる、腕立て伏せなどのエクササイズも効果的です。

背筋を伸ばし、常に美しい姿勢をこころがけることも大切です。背筋を伸ばすと、胸を釣り上げている筋肉も発達し、胸の垂れを防ぐことにもつながります。

正しい下着を選ぶことも重要なポイントです。下着が合っていないと、胸を締め付けたり、反対に胸がたるんでしまう原因にもなります。そうすると、胸に脂肪が付きにくくなったり、脂肪が落ちやすくなったりしてしまいます。
ゆる過ぎず、きつすぎず、胸が正しくおさまるブラを選びましょう。

以上のように、バストの大きさを残して痩せるには、大変な努力と労力が必要になります。食事の内容にも気を付け、運動もしっかりとしなければなりません。

しかし、正しくダイエットすることで、胸も美しく、スタイルも美しくなることができると言えます。
 

 

button

 

 

 

関連記事

  1. 脂肪を胸に移動させることは本当にできるのか?
  2. 胸の大きさは遺伝するの?胸が小さい人はどうしようもないの?
  3. サプリで胸が大きくなる確率ってどれくらい?
  4. プエラリアを服用すると太るって本当?
  5. バストアップサプリが乳がんになるという噂の真相